blog

中国貴州省・調査

2018-10-27

中国貴州省・調査

 

こんにちは。M1の石橋です。

私は夏休みに中国貴州省に行き、少数民族が住む集落の調査を行ってきました。

 

この調査は、現地の建築事務所との合同プロジェクトで

計17人の大規模な調査でした。

 

集落調査は家屋調査と違って、民家形式を把握するだけでなく

水路や井戸、消火栓の位置など人々の生活に関わることを細かく調査します。

その後、通訳を介して村長さんへの聞き取り調査も行いました。

もちろん、実測調査も行いました。

 

私達が訪れた村は穀倉がとても特徴的です。

写真でみてわかるように、高床式倉庫になっています。

そして柱には均等に穴があり、そこに横材が通っています。

その高床式の枠の中に壁を持つボックス状の収納スペースがあります。

柱に通されている横材は乾燥の場所として使われているそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

村に点在している穀倉の中には、

6世帯で1つの蔵をシェアしているものもありました。

高床の枠組みは1つですが、ボックスの内部が6分割されており

入り口も6つ付けてありました。

写真では少し分かりづらいですね、、、

日本では見たことのない使用形態で非常に興味深かったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の調査では、中国の文化・少数民族のくらしを

実際に目で見て肌で感じることができて、とても勉強になりました。

 

この調査を行った集落は伝統的な状態で保存し、

日本でいうところの伝建地区にするとゆう方針が国によって決まられています。

日本ほど町並み保存の活動がすすんでいない中国ですが、

今回のプロジェクトが中国全土で行われ、

歴史的な町並みが残されていくことでしょう!!

 

最後に集落の様子を写したものを貼っておきます♪

 

 

 

銅駝美術工芸高校・合同ゼミ2018

2018-10-26

銅駝美術工芸高校・合同ゼミ2018

 

M1石橋でございます。

10月26日に銅駝美術高等学校の生徒さんを招き、合同ゼミを行いました。

主に、京都の町並み・町家についてのお話をさせていただきました。普段私達が研究している分野を、知識の少ない高校生にわかりやすく説明することが難しく感じました、、、 銅駝美術高校の皆さんには積極的に質問をしており、とても熱心に取り組でるな、という印象を受けました。

私達も高校生に負けないように一生懸命取り組ませていただきました! 大場研のメンバーはもちろん、銅駝美術高校の皆さんにとっても有意義な時間となったのではないかと思います。

<ゼミ風景>

<集合写真>

 

 

 

 

また次回!

2018春のゼミ旅行!(後編)

2018-09-26

春のゼミ旅行!後編!

 

 

 

4回の今井です!

お待たせしました

ゼミ旅行2日目後半からお届けいたします〜

安芸市の土居廓中を後にして、

 

次は奈半利(なはり)町の伝建地区へと向かいます!

奈半利は石塀の町!ということで

浜石を積み上げてつくった石塀が数多く残っているそうです。

なはり散策開始です!

 

まず目に入ってきたのは,土蔵の薬局屋さん。東山家住宅です

主屋は厨子二階で格子と戸袋がついています

めっちゃ小さい虫籠窓が!!

意味あるそれ!?おっと心の声が漏れてしまいました^^

 

 

 

 

そうなんですね!

 

 

 

!?

 

、、えっと何してるんでしょうか?

女性陣、楽しそうですね^^

 

 

 

快晴の中,1日中歩き回ったので,みなさんお疲れのご様子。

疲れた〜宿行きたい〜の声が方々から、、笑

 

お待たせいたしました

本日の宿は,徳島県東洋町の海岸沿いのホテルでございます。

ゆっくりお風呂に浸かって疲れをとってくださいねと言いたいところでしたが,大浴場ないんですね〜シャワーだけなんです〜^^

ということで近くの温泉へ遠征組とシャワーで済ます組にわかれることに!ごめんなさい!

 

 

就寝前に大富豪(※)しました!フゥ!!

明日はいよいよ最終日!がんばりましょう

 

〜大場研辞典〜

[名]大富豪:

大場研究室伝統の遊戯。通常の大富豪により多くの制限が加えられたもので,ルールを覚えるのに一苦労である。Dさんにより現在,第5版までルールが改訂されているが,その歴史は意外に浅め。

 

 

 

––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––

最終日!

気合い入れていきたいところですが、、

あいにくの天気です。

疲労と悪天候もあいまって,皆さんなんだかテンション低め目です笑

 

今日は,重伝建<牟岐町出羽島>と漁村集落を見学して京都へ帰ります!

出羽島へ向かう連絡船にて一枚。(撮:大場先生)

かな〜り揺れました^^

 

 

 

出羽島の民家はミセ造りまたはぶっちょう造りといわれています

上部は蔀戸、下の縁台はばったりと呼ばれているもので,各家に備わっていました!

出格子の意匠も凝ってて興味深いですね

 

 

 

言い訳していいですか?

最終日で正直疲れてたんですよ。

あんまり記憶ないんです。ごめんなさい

 

はいおしまい。

最後寄る予定だった漁村集落も,大雨の影響で諦めることに。。

スリーデイズは正直しんどいですね笑

でもめっちゃ楽しかったです。勉強させてもらいました!!

 

なにより大場先生,中井さん,石橋さん

最後まで安全運転で快適な3日間をありがとうございました!

大変お疲れ様でした!!

 

 

 

 

それではまた次回!お会いしましょう

2018春のゼミ旅行!(前編)

2018-08-28

春のゼミ旅行!(前編)

 

 

大変お待たせいたしました^^

学部4回生の進路も無事決まり(3人とも院に残ります〜笑),落ち着いてきましたのでちょいちょい更新していこうと思いますよ

4回の今井と申します!

 

先日(3ヶ月前)行って参りました四国・ゼミ旅行の様子をご紹介していきます〜記憶も曖昧ですので少しだけですが,ご容赦くださいませ。。

 

 

 

 

––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––

初日は,香川〜高知です。

移動だけとなってしまい,伝建地区には立ち寄れず,普通に観光です笑

 

 

<中井チーム>四国上陸!いえーい^^

 

<石橋チーム>猪熊弦一郎現代美術館!いえーい^^

 

 

はいおしまい。

 

夜は,高知市内の宿へ!

高知に行ったらやっぱり鰹のタタキですよね!美味しい鰹がいただける<酔鯨亭さん>へ

一般的なタタキと塩タタキがでてきましたが,これがめちゃくちゃ美味!!今まで食べてきたタタキはたぶんタタキじゃないですね(?)高知の地酒も美味しい!お酒大好き三宅さんが大暴れで大変でした^^

 

そんなこんなで1日目終了!

明日からは見学三昧のはず!

 

 

 

 

 

 

–––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––

2日目は高知→徳島!

伝建地区を3つも訪れました!

初日のぶんも取り返していきますよ

 

 

まずは高知県の安芸市土居廓中へ!重伝建です!

武家町ならではの印象的な町並み。

生垣・石垣が綺麗ですね!

 

大場先生も撮影に夢中です笑

 

 

 

一般公開されている武家屋敷(野村家)にお邪魔しました

終戦後,炊事場と縁側を一部改造したそうですが,間取りは当時の武家様式だそうです

正面の門をくぐると、、

 

 

 

さらに門が!!

『塀重門(へいじゅうもん)』といって、敵の襲撃を防ぐため、また美観のために2重構造になっているそうです

 

 

 

お庭が静かで素敵でした〜

たそがれビト1(中井さん)

 

たそがれビト2(呉さん)

 

 

 

今回初のみんスポ(※)

「野良時計」で知られる畠中家の前で一枚。

 

〜大場研辞典〜

[名]みんスポ

みんなで写真撮ろう!の意。みんなスポットの略。Rさん語録の一つ。「ここ、みんスポちゃう?」

(ちょいちょい出てくるので覚えましょう!)

 

前編はここまで!

次回もお楽しみに!

 

第一回今庄宿伝建調査

2018-03-18

久しぶりの更新、

大場研究室4回の福井です。

 

僕たち大場研究室は、5月3日〜5日にかけて、福井県にある今庄宿という旧北国街道沿いにある宿場町を訪れました。

今庄という町は、古来より交通の要所として栄え、江戸時代には街道沿いの宿場町として、御茶屋や本陣、脇本陣、問屋などが置かれ、旅籠屋や茶屋、酒屋などが数多く軒を連ねていた町でした。

現在も多くの伝統的な建物が残っており、僕たちはこの場所を重要伝統的建造物郡保存地区に選定出来るのではないか、という期待を持っています。

今回の調査は、その伝建地区のための調査なのです!

 

調査は、2泊3日で、京都府立大学大場研究室と立命館大学青柳研究室、福井工業大学多米研究室の3大学合同で行われました。

まず、他大学の教授や学生との顔合わせです。合計20人程度が集まり、自己紹介をしていきましたが、人数が多くてすぐには覚えられません。

しかも、立命も福井工大も男の学生しかいない。

僕的には、他大学の女の子と仲良くなるチャンスだ!と意気込んでいたのに、、、

 

調査内容は主に、家屋の実測です。コンベックスやレーザー距離計を用いて、家屋の平面図や立面図、断面図をとっていきます。

僕たち大場班は、この3日間で「若狭屋」「北善酒造主屋」「山田家住宅」「西念寺」の実測調査を行いました。

若狭屋は、旧旅籠屋で、建築年代は近世末期まで遡るとされています。平成23年に国の登録有形文化財になった歴史ある建物で、現在は1階をカフェ、2階を多目的スペースに改修して利用しています。

 

 

 

 

 

 

 

北善酒造は、現在今庄に残っている4つの造り酒屋のうちの1つです。建築年代は昭和初期頃で、多少の改変はみられるものの、伝統的な表構を残しています。

 

 

 

 

 

 

 

山田家住宅は、昭和初期に建てられた住宅で、現在は1階をカフェとして活用しています。この建物も登り梁や袖壁、格子等の伝統的な表構を持っています。

 

 

 

 

 

 

西念寺では、平面図をとるのが非常に難しかったです。また、巨大な脚立に登って天井裏を覗かせてもらえたのは貴重な経験でした。

 

 

 

 

 

 

この3日間で他の大学の人とも仲良くなった気がします。他の大学と合同で調査を進めるのははじめての経験だったのですが、それぞれの人がそれぞれ得意な分野があり、その中で協力し合うことが大切だということに気づけてよかったです。