2014-05-26

はじめまして。B4の林です。

春のゼミ旅行3日目について書きたいと思います。

 

3日目はまず、宿泊先の西条に酒蔵通りがあるということで

ゼミ生数名で日本酒を買い求めに行きました。

カラフルで可愛いマンホールですね

カラフルで可愛いマンホールですね

 

その後、全員集合して最初に向かったのは鞆の浦です。

鞆の浦に到着し、最初に向かったのは澤村船具店。

お店とその向かいにある倉庫を見学させていただきました。

お話を聞かせて下さった奥さん

お話を聞かせて下さった奥さん

船具店には、船にまつわる可愛い小物がたくさん売られていました。

私を含め何人かは、キーホルダーを購入しました!

鞆の浦に行かれた際はぜひお土産を買いに行ってみてくださいね。

店内に飾られていた舵輪

店内に飾られていた舵輪

 

澤村家倉庫は、鞆における現存最古の町家です。

澤村家倉庫の外観

澤村家倉庫の外観

当初は標準規模の町家であったそうですが、

現在は倉庫として使用されていました。

中に入られた先生は、調査モードになられていました。

その後、先生と別行動で向かった先は太田家住宅です。

太田家住宅の外観です

太田家住宅の外観です

旧『保命酒屋』である太田家住宅は鞆町の海岸部に位置しています。

保命酒とは餅米を主原料に粳米、焼酎、16種類の漢方薬を用いて醸造した薬酒です。

建物は主屋や保命酒醸造蔵など9棟からなっています。

内部には、保命酒造りに使用された道具などが多く展示されており、

案内係の方が当時の様子などを詳しくお話して下さいました。

 

先生と合流し、待ちに待ったお昼ごはんを食べに向かったのは、潮待ち茶屋!

こちらで、鯛釜飯と鯛茶漬けをいただきました。

私は鯛釜飯をいただいたのですが、

釜飯は良い感じのお焦げがついており、お刺身もついてきて

大満足のお昼ごはんでした。

 

 

続いて向かったのは、尾道の向島町にある吉原家住宅です。

吉原家住宅の外観です

吉原家住宅の外観です

主屋は寛永12年(1635年)に建築され、

日本最古の農家として、国の重要文化財に登録されています。

主屋の寄棟造りの茅葺屋根は非常に立派なものでした。

内部は柱や梁に異なる木材を使用している珍しい造りとなっていました。

様々な木材が用いられています

様々な木材が用いられています

 

 

見学を終え、以上ですべての日程が終了したので、

レンタカーで福山駅に向かい新幹線で京都に帰ってきました!

大場先生、澁谷さん、3日間ほんとうに運転お疲れ様でした。

色々な場所を見学することができ非常に充実した楽しいゼミ旅行でした。

秋のゼミ旅行も楽しみですね!

それでは、またの機会に。。。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

コメントフォーム

コメントしていただけると、とっても嬉しいです。

お名前
メールアドレス
Webページ
コメント

トラックバック用のアドレスはコチラです。