実測調査 with B3

2012-10-10

はじめまして!B3の橋本です:)
「3回生にもブログの更新を…」との命を受けまして、女子4名による厳正かつ公平な男気じゃんけんの結果。
普段とブログとでなんかキャラ違う、と一部で噂の私が先陣を切ることとなりました。
拙い文ではありますが、最後までお付き合い頂ければ幸いです。

今回は、京都市南区にある町家さんに調査へ行ってきました。
3回生は今回が初陣。調査道具を持ち、いざ参らん!
まずは地下鉄とJRを乗り継ぎ、最寄り駅へ。ここで京阪組と合流して、てくてく歩いて数分。

すごく立派な町家さんに到着。どきどき。若干、挙動不審になりながら(主に私が)入ります。
調査道具を置かせてもらい、軽く案内して頂きました。吹き抜けの土間には、ねずみがえしと、先輩からすごいと聞いていた立派なおくどさんがありました。土間を抜けて、奥の納屋と離れ、お庭も拝見。とりあえず、広い。表から裏門まで距離がありましたね。

今回は、前回未調査だった母屋の一部と、離れの一部、納屋、庭を調査しました。
3回生にそれぞれ仕事が割り振られ、調査開始!
私は、母屋の未調査部分を担当しました。一カ所は玄関のすぐ上の部屋だったのですが、かなり年代物の梯子(木製、よくしなる)を使うので、最初ひーひー言いながら上り下りしてました…。チキンを露呈してしまい、大変ご迷惑をお掛けしました。
次に、玄関横のお部屋も調査したのですが、ちょうど文書チームが調査をしていらしたので、ちゃっかり話も聞きつつ、一部見つかったものを見せて頂きました。
慶長3年(!)と記された貴重な木箱のほかに、着物の裁断に使う台、着物の端切れといった、昔の生活の知れるものも見せて下さいました。
調査後は飲み物を頂きながら、お家の方と少しお話をして終了。最初から最後まで、細やかなお気遣いをして頂きました。
今回はブログ掲載の許可を頂いておらず、調査写真が載せられないことが非常に残念です。次回以降は許可を頂いて、できる限り写真も載せていこうと思います。

…と、こんな感じでしょうか。
私は基本的に一人で、しかも隔離状態で調査をしていたので、実は他の3回生の活躍をあまり知りません…。み

コメント

Sorry, comments are closed.

トラックバック用のアドレスはコチラです。