京町家的近郊農家 

2011-10-13

京都市のJRを越えて南部の農家にて
復原調査に行きました。

当家屋は
農家でありながら
構造や意匠の具合が京町家と共通性が多く興味深い物件です。

現在改装中で,
居室の空間はよく見ることができませんでしたが。

使われている材の良さ
経年変化による美しさ

土間上部の梁や貫の木組みは目にみはるものがありました。

現在調査中ですが,
近世中期までさかのぼりうる遺構であるとのことです。

今回,調査が完了しなかったため
また,足を運ぶ予定です(先生)

3回生の断面図デビューもあるかも!!












4回 宮下

コメント

Sorry, comments are closed.

トラックバック用のアドレスはコチラです。