〜佐渡上陸〜 論文執筆現地遠征 冬の佐渡 序章 by宮下

2011-12-28

冬の佐渡に来ました。

年末年始のバケーションと
論文の序章を現地で書いてやろうと思い

この時期に佐渡へやって来ました。

昨日の夜,京都から深夜バスに乗り込み。

明るくなったら長岡付近,さすがは雪国!一面真っ白。

やって来たな と思い
新潟到着のアナウンスで目覚めると

そこには,雪はなく。
いや 少し 霜には白が濃いものが歩道の芝にありました。


 
んで
フェリーで両津港にわたり
降りてびっくり!

まさかの雪国の様相が!!

佐渡はあまり雪が積もらないと聞いていたので
意外でした
こんなに雪が積もった町家は初見でした。

両津の町を歩いたあと
バスで裏側(ロシア側)の相川へ

どんどん どんどん 雪が
減っていきます…

相川についたときには

おなじ島かとは思えないくらい乾いている路面が見られます。

新ふじの女将さんに聞いたところ
昨日までは降っていて今日溶けたようです

雪の日は風が強く吹き飛ばされてしまって あまり積もらないとのことです。

吹き飛んだ分が両津にいってんだなあ

冬の相川は寒く,静かです。

コメント

Sorry, comments are closed.

トラックバック用のアドレスはコチラです。