春の桜楓講座

2014-06-23

みなさま、こんにちは。

M2野口です。

今回は先日の桜楓講座について書きたいと思います。

まずタイトルにもあります「桜楓講座(オウフウコウザ)」とは何なのか。

以下かぎ括弧部、京都府立大学HPよりコピペ↓

「毎年、春と秋に開催される本学の公開講座です。 現在は春の部2回、秋の部2回が開催されており、

学内の学部・研究科がそれぞれの特色を生かしたテーマで1回ずつ講演を行います。

例年、参加者多数で人気のある講座を開講しています。ぜひ一度ご参加ください。 」

ということで、去る6月7日10時〜12時に合同講義棟第3教室にて、大場先生が講座を担当されました。

初めに本学生の課外活動ということで、カントリーミュージックサークルHelloさんによる歌唱・演奏が行われました。

Let it goを歌唱・演奏

Let it goを歌唱・演奏


やさしさに包まれたならを歌唱・演奏

やさしさに包まれたならを歌唱・演奏

私は今回が初めての桜楓講座出席だったのですが、こういった活動もされているんですね。

歌唱・演奏は良かったなと思ったのですが、マイクの不調があったようで音が途切れる場面が何度かあり、その点は残念でした。

 

さて、本題の大場先生による講座ですが、

出だしでいきなり講座のタイトルを訂正する大場先生(笑)。

訂正後のタイトルが映されました。

訂正後のタイトルがスライドに映されました。

講座は一回のみのようなのですが、当初提出した講座タイトルは時間的に無理ということが発覚したため、

できれば来年度以降(仮)もシリーズ化して続編の講義を行いたいとのお話でした。

(当初「京都発、洛北、丹波、丹後の集落と町並みを巡る」

→改訂後「洛北から丹波地域の民家と景観 京都発、洛北、丹波、丹後の集落と町並みを巡る 第1回」)

 

講義内容をそのまま書くと長大になってしまうので、ここでは割愛させていただきます。

講座は一般の方にもわかりやすい内容ではあったのですが、

途中(亀岡~篠山の街道型民家あたり)から、大場先生が「なるべく聞き逃さないように」と

聴衆の方々に注意喚起を促す、という一幕も見られました(笑)。

講義終了後には、質問をされていた方も何人もいらっしゃったので、一般の方も興味深い内容と捉えられたのではないでしょうか。

是非次回の講義も実現すると信じたいと思います!

最後には「つづく」との明記が(笑)。

最後には「つづく」との明記が(笑)。

 

文責 野口

コメント

コメントフォーム

コメントしていただけると、とっても嬉しいです。

お名前
メールアドレス
Webページ
コメント

トラックバック用のアドレスはコチラです。