卒論・修論中間報告会がありました。

2014-09-30

B4の奥田です。

9月24日に卒論と修論の中間報告会がありました。
まずは卒論の様子を。
IMG_8237
壁際で緊張の面持ちのB4。

名前の順で私から。
「三階建て養蚕農家の外観形式とその変容に関する研究 ー兵庫県養父市大杉地区を事例としてー(仮)」
IMG_8240
前日の発表練習で地名をすらすら言えず苦戦していましたが、林さんから「カンペの文字を平仮名にすると良いよ」というアドバイスで改善。林さんありがとう!

次は渋谷さん。
「占領下京都における住宅や施設の接収に関する研究(仮)」
IMG_8244
四人の中で一番緊張していましたが、先生からの質問にも堂々と答えていました。

なぜか渋谷さんの後になってしまった楠本さん。
「占領下大阪における住宅や施設の接収に関する研究(仮)」
IMG_8245
発表後先生方からの質問が来なかったということについて
「質問が来なくてなんか寂しいというか悲しいというか…」(本人談)

次に林さん。
「近代京都における市街地の拡張過程に関する研究 ー西陣および周辺地区を事例としてー(仮)」
IMG_8251
中間報告に向けて計画的に梗概やパワポを作成していた林さん。
先生からの質問も想定していた事柄だったらしく、デキる女オーラが漂っていました。

そして来年から大場研に入る中村さん。
「風土の中の建築」
IMG_8255
先生からの質問にはにかみながら答えていました。

午後からは修士の中間報告でした。
今井さんは「三階建て養蚕農家の構造形式に関する研究 ー兵庫県養父市大杉地区を事例としてー(仮)」
中間報告数日前に高熱を出してしまったそうで…(アイスを食べて生きのびたそうです)
病み上がりで厳しい質問に受け答えしてらっしゃいました。

野口さんは「宇治茶生産集落における家屋構成とその特徴に関する研究 ー京都府和束町湯船地区を事例としてー(仮)」
「練習では6分半におさまっていた発表がなぜか長くなってしまい残念だった」(本人談)
とのことです。「製茶施設」などちょっと言いにくい単語オンパレードに負けず堂々と発表されていました。

本発表に向けてこれから頑張ります(^^)/

コメント

コメントフォーム

コメントしていただけると、とっても嬉しいです。

お名前
メールアドレス
Webページ
コメント

トラックバック用のアドレスはコチラです。