佐渡畑野調査

2013-09-23

IMG_4424秋空ですね,佐渡のいつもの宿からみています。

 

宮下です。

この夏,研究室のメンバーも私もいろいろ調査などに行きました。

兵庫県養父市,中国遼寧省撫順,中国雲南省大理,建築学会大会(北海道)そして佐渡,個人的にはこれから小笠原!!

あと毎年ながら,4年生と修士の2年生は中間発表ですかね。

 

私からは佐渡の報告を

さて佐渡にはいままで,前任者からあわせて主な調査地に

両津湊相川上町相川下町相川周辺地区赤泊松ヶ崎...

そして今回は畑野という地区です。

2013年6月予備調査

使い回しの地図ですが

今までは,港町であったり,行政都市的なとこだったり町の性格は異なるところもありましたが

どこも,海岸沿い,海が見える,場所でした。

今回の畑野という町は佐渡の真ん中の国仲平野というところに位置します。

 

さてこの畑野,

伝統的な町家は残存率としては多くありませんが

残っているものには,近世にさかのぼることが確認できる家屋が複数あり,

残っているものは大型のものが多いです。

DSC09949

畑野のまちなみ,大型妻入町家が目立つ

 

P3240145

畑野のまちなみ

昭和48年に道路の拡幅があり,曵いたり切ったりしているので

そういう状況,残るものはいい状態にして残っているのかもしれません。

いやあ,単純に今じゃとても建てられせんぐらい立派だもんでってのもあるでしょうね。

特に佐渡の他の地区の町家とくらべると,構造,意匠ともに太く美しいいいものを使っている様子でしたね。

 

そんな畑野地区,ちょっと研究内容に触れるならば,

妻入の大型町家が目立ち

これは赤泊地区と外観から見ると共通しているのですが

その中身,間取りはおよそ異なるようで

むしろ,他の地区でよく確認できる平入の町家に類するものでした。

赤泊のまちなみ

赤泊のまちなみ

 

今回は相川から30分程だもんで

いつも宿,新ふじにお世話になりました。

いつものごとく最高にうまい飯を食べられました。

なんかもう,新ふじはただいまの場所な感じがします。

今回のメンバーは中西,野口,内田(こんときカメラ),大西,宮下です。

今回のメンバーは中西,野口,内田(こんときカメラ),大西,宮下です。

それでは,また

コメント

コメントフォーム

コメントしていただけると、とっても嬉しいです。

お名前
メールアドレス
Webページ
コメント

トラックバック用のアドレスはコチラです。