中国貴州省・調査 二度目

2019-05-24

こんにちは!

大場研新M2の石橋です。

私は只今、絶賛就職活動中で慌ただしい毎日を過ごしています!

結果はどうであれ納得のいく就職活動になるよう取り組みたいと思います!

そんな中、先日3月24〜27日の4日間、

中国貴州省の少数民族自治区へ調査に行ってきました!

私自身、中国の調査は昨年8月以来の2度目で、

前回とは異なる村を訪れました!!

1日目は移動日です。

関西空港から杭州へ、飛行機を乗り継いで貴陽へ\(^o^)/

貴陽空港に、大場研のOBである陳さんがお迎えに来てくれました!

陳さんのお知り合いの方が経営されているレストランへ〜

一番奥の個室に案内され、豪華なお食事がたくさん!!

更に、少数民族の一つであるトン族の衣装をまとったスタッフの方々が

歌の披露や、晩酌でおもてなししていただきました!!!

このように街でも民族の生活に触れられるような取り組みが

貴州では近年多くなされているみたいです。

2日目は朝から高速鉄道(日本でいう新幹線)で貴陽から榕江へ。

そこから車で今回のメインの調査地、述洞村へ向かいました。

ホテルの近くで朝ごはんを調達し、駅で食べました。

このお粥が絶品でした〜!!


述洞村に到着し現地の調査メンバーと顔合わせです。

昨年、別の村の調査を行った際のメンバーが2人いて

久しぶりの再開で嬉しかったです!!(言葉は通じませんが、、、笑)

村全体を把握するためざっくり歩き回ります。

その後は穀蔵の実測調査を行いました。

蔵の形式は、昨夏に調査済の大利村と同じでしたね!

米を貯蔵するための箱と乾燥させるための

干し場が一つにまとまっているプランです。

夜は調査メンバーで美味しい料理とお酒を楽しみました!

その後、陳さんの事務所で行っている調査や設計の

プレゼンテーションをしていただきました。

陳さんたちは様々な村で集落調査や

それを踏まえた上での民家の改築などを行っているようです。

全ては集落保存のためであり、

現地メンバーの熱い想いを感じることができました。

3日目も引き続き述洞村の調査を行う予定でしたが

大場先生たっての希望で、他集落の見学に急遽変更!!

昨夏、私が訪れたファンガン村を含む3集落を見学しました。

どの村も穀蔵の形式が異なっており非常に興味深かったです!

ファンガン村は貯蔵場と干場は別棟で連結されている形式

高場村は寄棟屋根を持つ大規模な集合住宅ならぬ集合蔵の形式

占里村は稲木と穀蔵が対になって立てられている形式


といった感じで本当に様々な蔵を見ることができました!
大場先生は終始テンションが上りまくりでした(笑)

3日目の夜には貴陽に戻り

4日目に大阪に帰ってきました。

今回の調査は実質2日間しかなく、かなり時間に追われていました。

しかし、その短い時間の中でいくつかの集落を見学でき、

その場で形式の比較をできたことは大きな成果ではないかと思います。

また、自分自身異文化に触れることが好きなため、

非常に有意義な時間を過ごすことができました!

機会があればまた中国の調査に参加したいと思います!!

コメント

コメントフォーム

コメントしていただけると、とっても嬉しいです。

お名前
メールアドレス
Webページ
コメント

トラックバック用のアドレスはコチラです。